喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

五味隆典とジャイアント馬場(3)

この二人の当日の試合は、闘いかた、会場の雰囲気にも共通点が有りました。馬場は、執拗にハンセンの左腕を踏みつけ、こつこつとチョップを打ち、しつこいくらい一点攻撃。 五味もなりふり構わず矢地の顔面に頭突きを振り落とします。 普段は、あまりやらない二人の攻撃(五味に至ってはモロ反則)にも、観客は「絶対負けてたまるか!」という気合いを感じ取り、拍手喝采!

ハンセン、矢地が攻めると、「あ、あ~~!」と心配の声を上げ

馬場、五味が反撃すると、「おおおー!!」と大興奮!

 放送席も、倉持アナウンサーが

「ヤレヤレ馬場!ヤレヤレ馬場!これではウエスタンラリアートは打てない!ヤレヤレ馬場!」と、完全に馬場応援の実況!


高田延彦も五味びいきで、反則にも全然ふれない!


  ああ、これなんだよな.......みんなの心がひとつになって............これこそがプロレス、格闘技、 エンターテイメントの醍醐味なんだよな。


 結局、試合結果は、五味は逆転負け。

 馬場は、両者反則だか、リングアウトだかの曖昧な引き分け。

  しかし文句を言う観客は、ひとりもいません。


ジャイアント馬場

 五味隆典  二人の死刑執行日と思われた

この日が、まさかの大復活祭に!!



相手の命を奪いかねない危険な技や、自分の命も縮めるような、無謀な飛び技なんか繰り出さなくても、人の心を幸せにする試合はできるのだと、現在のプロレス団体、レスラーの方たちにも、わかってほしい。

 そんな気持ちになる

馬場選手と五味選手の試合でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。