喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

やっぱり馬場は、強いのう。

私がジャイアント馬場のファンになったのは

小学校の低学年の頃でした。

しかし、その当時の馬場選手は既に「強さ」を感じさせるレスラーではありませんでした。いや、それどころか世間からは

  「弱い」  「鈍い」  「衰えた」  「引退目前」など、散々なイメージで見られていました。


確かに体つきも、腕は細くてアバラも浮き出てお爺さんみたいな感じです。


技も多彩ではなく、チョップとキック、河津落とし位しか出しません。


(後に、別冊ゴング誌上で

 「ジャイアント馬場、必殺技50 選」

という企画を目にして

  「50 も技があるわけない!」

と思いながらページをめくると、ボディスラムやアトミックドロップの写真が出てきて、

  「できるのかよ!!」

と、驚いたものでした)


しかし、私は子ども心に「引退しないで欲しい!」「まだまだ強いはず!」

と、ジャイアント馬場から、目が離せませんでした。


すると、親やまわりの友達は

  「えっ!?馬場が好きなの!?」

  「どこが良いんだ!?」

  「ギャグだろ!?」


と、からかってくる訳です。

 そうするとコッチも意地になって

ますます馬場を応援したくなる、という悪循環(?)


そうしたある日、祖父と一緒にテレビで全日本プロレス中継を見る機会がありました。


祖父は八十才手前で一日の大半は自分の部屋で寝ていましたが、私は優しい祖父が大好きで、良く部屋に遊びに行っては布団に潜り込んで、枕元のテレビを見ていました。

そこで丁度プロレス中継が、始まった訳です。

ブラウン管の中では馬場選手が、名前も知らない様な二流の外人レスラーとシングルマッチで闘っていましたが、馬場ファンの自分が見ても、お世辞にもおもしろい試合ではありませんでした。

ぽん、ぽんとチョップを打ちこんで、最後は十六文一発でフォール勝ち

という、何て事はない試合でした。


  ( 続きます)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。