喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

やっぱり馬場は、強いのう。(2 )

私は、その馬場選手の(何て事はない)試合を見て、恥ずかしくなりました。

いつもなら、馬場選手が出てくるだけで、十六文が飛び出すだけで大満足な私でしたが、今日は祖父と一緒に見ているのです。

...大好きなお爺ちゃんに

   面白くないと、言われたらどうしよう?!.......


「こんな馬場が、好きなのかね?」と言われたらどうしよう?!......

と、ドキドキしてしまったのです。


すると祖父は、関心したような表情で

ポツリと一言、


  「やっぱり、馬場は強いのう!」


 と、言ってくれたのです。

お年寄りにも、分かりやすい良い試合を馬場選手がしてくれたのか、馬場大好きな私の事を、思ってくれての言葉だったのか.............今となっては確かめられませんが、とにかく私は馬場選手の事も、祖父の事も、この日を境に

ますます好きになり、神様に、自分の寿命を十年縮めて良いので、祖父と馬場選手を五年づつ長生きさせてあげてください、とお願いするようになりました。


そんな大好きだった祖父も、しばらく後に足の付け根を骨折して入院してしまい、二度とこの部屋に帰って来ることはありませんでした。

馬場選手の方は、噂されていた引退などせず、還暦を過ぎても闘い続けてくれました。


私は馬場選手に、祖父の面影を重ねて

応援し続けたのだと思います。

そして、今でもYouTube等で馬場選手のファイトを見ると、子どもの頃のピュアな心を思いだし、優しい気持ちになれるのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。