喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

棚橋弘至とジャイアント馬場(2)

その頃(38 ~40 歳)のジャイアント馬場選手はと言うと、全日本プロレスのエースと呼ばれていましたが、腰痛や糖尿病の噂等が出てきて、明らかに全盛期よりも動きが悪くなっていました。

(ここら辺からプロレスを見始めた小学生の私にとっては、それが普通でしたが)

興行も若い鶴田やテリーファンク、ブッチャー、マスカラスなどの外人レスラーが引っ張っていっている感じです。

PWF 王座の連続防衛記録も、思いもよらないレスラーに負けてストップしてしまいました。(ブッチャーより格下のキラー.トーア.カマタ)

しかし、立場的には「エースであってエースでない」馬場選手に哀愁を感じ

た私は、(もう一花!)(もう一丁!)  と、必死になって応援しました。   

私の息子も、たぶん同じ様な気持ちで棚橋選手を応援しているのだと思います。  そうでなければ、(私と同じく)全盛期のファイトを見たことのないレスラーの事を、ここまで熱く応援するはずがありません。


しばらくして、オカダカズチカVS 棚橋弘至のIWGP 戦が発表されたとき


「これで棚橋が負けたら、新日本のファンクラブ、本当にやめる!!」


 と、息子は息巻いていましたが、


棚橋が負けてしまい、オカダに連続防衛記録を追い抜かれてしまった現在も、

新日本プロレスネット配信中継を、ちゃんとみています。


これからも引退するまで、棚橋選手の事を応援していくのでしょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。