喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

「品のあるプロレス」を考える。

棚橋弘至がケニーオメガにいい放った



「プロレスに品がない」



という言葉が今、クローズアップされています。

50才を過ぎた昭和のオールドファンである私には、なるほど!と思えても

今の若いプロレスファンや、ケニーオメガファンには、

「なんだそりゃ?!」と、ピンと来ないかもしれません。




「品のあるプロレスなら、馬場全日本!!」




と、いうことでプロレスファン歴2年の息子と、奥さんと三人でYouTube❗!



チョイスしたカードは

1997年世界最強タッグ公式戦


「三沢、秋山組vs ハヤブサ、新崎人生組」


もう20年前の試合で、25才の息子はハヤブサの試合を観るのも初めてです。


重厚なロックアップから、序盤、中盤とだんだん盛り上がっていき、終盤のスリリングな攻防、そしてフィニッシュへ!


元来、三沢の大ファンの奥さんは


「凄い❗今の新日本プロレスと全然違う!」


と、大喜び!ファン歴2年の息子も


「20年前とはおもえん!」


と、ビックリした表情です。

特に現在の空中戦のムーブが全て詰まっているハヤブサのファイトに驚いていました。


さて、肝心の「品」が有ったか無かったか?ですが.........無いわけない!!!全てが美しい❗



全日本同士の試合ではなく、

インディー団体(FMW.みちのくプロレス連合軍)

と全日本の対抗戦のような試合でしたが、本当に品格を感じる良いファイトでした。


三団体が入り交じるこの試合が、なぜ品があり、何回も繰り返し見たくなるような良い試合になったのでしょう?


  (続きます)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。