喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

ケニー・オメガの新日本退団当たり前!

新日本プロレスからの退団が話題になっているケニー・オメガ選手。


新日本ファンの皆さんは、大変ショックを受けているところでしょう。

新日本プロレスの未来を揺るがす大事件のように思われる方もいるらしいんですが、果たしてそうでしょうか?


高知県に地上波プロレスが復活して私がプロレスファンに復帰したころ、外人エースはAJスタイルズでした。

「ずいぶん小さな外人エースだな」と、思いもしましたが、そのエースを追い出して新たなエースの座に就いたのは、さらに小さなジュニアベビーのケニー・オメガでした。


当時、田口選手に負けてジュニアのタイトルを失ったばかりのケニー。

ヘビー転向を宣言して〃スルッと〃外人エースになりましたが


「ええー!ジュニアの田口にフォール負けした90キログラムそこそこの選手がエースかよ?!」


と、正直おもいました。昭和のプロレスファンにとって、外人エースと言えばハンセン、ブロディ、アンドレ、ホーガン、ブッチャー、シン、レイス等であり、体が小さければ、あのダイナマイト・キッドでさえエースとは認められない風潮でした。


「ファレやエルガンなどの怪物ヘビーレスラーを、一皮剥いてエースにすれば良いのに」


とも思いましたが、時代がちがうのでしょう。その後も新日本で良い扱いを受けるのは、中肉中背筋肉タイプのスタイリッシュなレスラーばかりで、誰を見ても同じに見えました。


みんな身体能力高めのイケメンレスラー、その頂点がケニー・オメガでした。

コーディー、ヤングバックス、ハングマン・ペイジなどの"キャラかぶり"たちと一緒に新日本から抜けてくれる今こそが残されたレスラーたちの実は大チャンスではないのか?




ジェイ・ホワイト、バットラック・ファレ、ジュース・ロビンソン、マイケル・エルガン、デビッド・フィンレー、ウィル・オスプレイ、ジェフ・コブ!いいじゃないですか!


誰一人キャラが被ることのない、才能溢れるタレントばかり!!




日本人レスラーもチャンスですよ!

タイチなんかは一気に上に駆け上がるでしょうし、この際ヨシハシなんかも奥さんを〃実力派ディーバ〃にしてヒール転向してしまえば、まだまだ一花さかせられますよ!


とにかくもう、ケニー・オメガが新日本から離れていくのは〃当たり前〃の出来事であって、何ら驚く事はありません。


ケニー・オメガは〃スタン・ハンセン〃とは違うのです。


ハンセンは日本のファンのためにファイトし、日本のファンと共に生き、日本のファンにかこまれてプロレス人生を終えました。


こんなレスラーの方が珍しいのであり、だからこそいつまでも日本のプロレスファンの心のなかにに住み続けているのでしょう。



ケニーにそんなことを望むのは、酷だろうし、本人もそんな得の少ない事はしないでしょう。


それで良い、それが自然なカタチだと思います。むしろムリして一年くらい余分に居てくれたような気もします。


ケニー・オメガ選手、お疲れさまでした!

ヨシハシ無惨!

私がこの「ヨシハシ、今?」という記事を書いてから、約1週間後の1・5後楽園大会で、ヨシハシ選手がファン待望の復帰を果たしました。


しかも棚橋、オカダと組んでの出陣!



棚橋、オカダといえば、去年ヨシハシを欲しがって奪い合いになっていた二人。

その二人とチームを作りベストメンバーでのぞむ6人タッグ


「さすがに今日はヨシハシが外道あたりからフォールをとるろう」と、私。



「いやいや、もしかしたらジェイから取るかもよ!?」と、息子。



「いくらなんでも、そら、無いろう!」と、奥さん。



そんなことを言いながら家族で〃ドリームタッグ〃の初白星を予想していたわけです。


ところが結果は終わってみれば


"ヨシハシがジェイにフォール負け"

という、去年までと何ら変わらないアホみたいな結果に!


試合終盤、棚橋とオカダが場外に落ちて、残ったヨシハシに勝負をあずける、今まで通りの「必敗パターン」!!



しかも相手は敵の大将、ジェイ・ホワイト!


家族で「ええー!」「アララあらら!!」というあいだに、いなされて、押さえ込まれるヨシハシ........。


こりゃヒドイ!!



ヨシハシ選手、何のために出てきたんだよ!



3ヶ月以上も休んで、肉体改造くらいしてこいよ!


意味の無いテーピングを肩にペタペタ貼ってきて!


会社も会社だ!もっとなんか考えてやれば良いのに!



とにかくこんな久し振りに出てきてコレじゃあ、ヨシハシ選手に未来はありません。



サラバ、ヨシハシ!お疲れさまでした。



もう、しらん!!

飯伏幸太とオスプレイの残酷プロレス

1・4新日本プロレス東京ドーム第一試合は、途中までは素晴らしい試合だったのに

最後は「残酷ショー」となりました。


どう見ても危険な状態の飯伏選手に、「試合を綺麗に完結させよう」と、必殺技を繰り出したオスプレイ選手。


それを許したレフェリー。


これは総合格闘技で言えば

「意識の飛んでいる選手にパウンドを打ち続けさす」ようなもの。


そんなことをしてしまえば世間から批判をあび、レフェリーもペナルティーをおうでしょう。

プロレスだからと言って許される事ではないはず。


飯伏選手には気の毒ですが、原因の一端は彼にもあると思います。


後頭部への危険な膝げりなど、当たりの強い攻撃を喰らったオスプレイが


「そっちが、その気なら!」


と、普段はやらないぶちギレた攻撃でやり返した結果のアクシデントに思えたからです。



まるで、プロ野球で危険球を喰らった外人選手がピッチャーに襲いかかり、パンチを降り下ろすような状態といえるでしょうか。



プロレスとは、お互いの信頼関係で成り立つもの。この試合には、それがなかったと言うこと。



この日のメインの棚橋選手とケニー・オメガは、試合まで、あれだけ言い争いをして、お互いを否定しあって、憎悪をぶつけ合ったのに、試合は美しく最高の形で成立していました。


これこそが、棚橋選手の言う


「品のあるプロレス」王道、正道のプロレスでしょう。


棚橋選手と飯伏選手の

経験の差、人間力の差、プロレス力の差が現れたドーム大会でした。


それにしても心配なのは飯伏選手の容態です。本当に早く、元気な姿で出てきてほしいものです。