喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

百万円でカフェ始めました。

今年の2月、私の奥さんが税務署で、係の人に


「ええ!?夫婦二人で喫茶店経営15年目?スゴいねー!今の時代、10年以上続けられる飲食店は1割にも、満たないのにねー!」


と、誉められ(?)たと言います。


えっ?!今の飲食店経営、そんなに厳しいの!?と、調べてみると



オープンして、一周年を迎えられる飲食店は約6割、二周年では約5割、10年続くお店はヤハリ1割位だと言います。


何故、そうなるのでしょう?



最大の原因は"初期投資"の掛けすぎでしょう。これをやってしまうと、働いても働いても月々の支払いにお金が飛んでいってしまいます。

 私は「居抜き」の店舗を見つけて借りました。こうすれば、冷蔵庫やガスレンジ、食器、イス、テーブル等の設備は最初から揃っています。



あとは、人件費の問題ですが、これはもう家族の協力を得られるかどうかにかかってきます。


夫婦や親子、兄弟で力を合わせてやってくれるパートナーがいるのか?ということです。


実際私は初期投資は百万円以下だったし、15年間夫婦二人だけで店を回し、ただの1人も従業員を雇ったことはありません。



それで、ちゃんと長男と次男を育て上げることができたので、やり方は間違ってなかったということだと思います。



ネット上では、経済評論家や、飲食店経営ブロガーの方たちが、難しいグラフや難しい経済用語を使って経営指南をしていますが

  結局は


  (初期投資を抑える)


  (家族の協力を得る)


  (大儲けを狙わずに、コツコツ楽しんでやる)


この3つが出来るかどうかだと思います。



細かい計算は後回し、そもそも地方の小さい個人の喫茶店、計算どおりになんかいきません。逆にこの3つが出来ない、


(店の内装、食器などにはお金をケチらず、自分の趣味に)


(家族の手は借りず、ちゃんと従業員を雇って店を回し、上手く行けば自分は指示だけ出して現場には入りたくない)


(大儲けしたい!)


等と考えている人は99 パーセント失敗するでしょう。


とにかく、やる人の考え方によってかんたんにも、難しくもなってくるのが



  "カフェ経営"



と言えると思います。

カフェやろうぜ!!!(2)

  (前回からの続きです)

X-Japanのトシさんの

    "トシカフェ"は、

これだけの御本人の情熱とテレビの宣伝効果があれば、間違いなく成功するでしょう。

(長く続けるかどうかは、トシさん次第ですが)

では、トシさんの様なネームバリューも、テレビの宣伝効果も持ち合わせてない我々一般市民の場合は、どうでしょう?


このブログを読んで下さっている方々の中にはプロ顔負けの料理の腕前を持っている人も少なくないと思います。


子育てが終わった後、時間に余裕が出てきたら、趣味の料理の腕前を生かして小さなカフェ等の飲食店をやってみたい!という人もいるでしょう。


実際、私にカフェ経営の相談をしてきた

高校時代の同期生(50才主婦)も

子育てが終わり、夢を叶えたい、と十代の若者にまざって調理師学校に通い始めました。

(スゴいバイタリティー!!)


さて、ごくごく普通の主婦の彼女がカフェ経営が出来るのでしょうか?!


答えは「大丈夫!出来る!」です。


(続きます)

カフェやろうぜ!!!

 「カフェやろうぜ!!!」


X-Japanのトシさんが、ある番組で叫んでいました。

最近バラエティーにドンドン露出して、スウィーツ好きで評判になっています。


今のところ局内にセットを組んで毎回ゲストを呼んでトシさん自らおもてなしをしていますが、近いうちに本当のカフェを作って経営するそうな。

その話しを聞いて


 「ナニ!?本当か!?」

 「またテレビが面白半分に!!😠」


とも思いましたが

どうやらトシさんは、至って大真面目、本気のようです。


時を同じくして、私のところにも数人の知人から、「喫茶店をやってみたいのだけど・・・・」との相談を受ける事がありました。


・・・流行っているのかな?

       カフェ経営?・・・・



ここはひとつ、私も15年「カフェレスト」を営んでいる者として "カフェ経営" についての事を 

「プロレスの話」を一旦置いておいて考えていこうかと思います。


まず、トシさんのテレビ企画「トシカフェ」は、大変、夢があって面白い!

大賛成です。


なんといってもトシさんの情熱が半端ないです!彼のコンセプトは、

「お客さん一人一人を大切にし、感動を与えたい」

「自分は辛いときスウィーツに救われたので、同じように人々を自分のカフェで癒してあげたい」と、いうものです。


素晴らしい!!!

テレビの企画抜きで本気の感情がトシさんから伝わって来ます。


実際、今現在のセットの企画でも、ゲスト一人一人の好み、思い出、現在の立場などをトシさん自らリサーチして、メニューを決め、心に響く歌のサービスで締めくくり、ゲストの人たちの感動の涙を誘っています。


「そんなきれいごとやってたら、カフェ経営なんぞ成り立たん!」

というカフェ業界の人もいるでしょう。

しかし、こういう気持ちを持ち続け、サービスを心がけることは大切な事だと思います。


(カフェ経営の話続きます)