喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

プロレス界の(裸の)王さま

鈴木みのるは本当に負けっぷりが悪い!


昭和なら、アニマル浜口、藤原嘉明


現在なら、同年代のライガー、永田裕志


皆、巧くて強いが負けっぷりが良かった。


しかし、鈴木みのる選手は負ける試合でも、一方的に攻める。



まるで


「負けてやる代わりに試合は一方的に攻めまくって、強いイメージは貰うからな!」


と、言わんばかりの試合内容。


棚橋、内藤、真壁、後藤、オカダ 誰とやっても圧倒的に攻めまくる。


特に後藤などは、試合中に気絶させられ、オカダは当時チャンピオンだったのに、何もさせてもらえなく、子供扱いされていました。


それを観ながら息子と二人で


「じゃあ、鈴木がエースになれよ!!!

そんなに強いんならよー!!」



と、叫びました。


ムリでしょ?エースの器ではないもの。




みんな、エルボー合戦でも(後がめんどくさくなるのか?)気を使って

本気で殴ってないでしょ!?



それなのに鈴木選手は「効いてねぇなあ!」と、笑いながら思い切り振りかぶって打ってますよね、エルボー。


これじゃあ、


   〃プロレス界の王さま〃


ではなく

   〃プロレス界の裸の王さま〃です。

鈴木みのるの限界を見た!

昨日、大分大会のメインイベント


内藤哲也VS鈴木みのる


のシングルマッチ

を見た。


正直、前回の一騎討ちと同じ様な試合展開。


あれでは内藤が可哀想。もう、二度と絡まないほうが良いと思います。



鈴木みのる選手

 年齢の割には体のハリも技のキレもスタミ ナも衰えてはいません。


しかし、今の時代主武器が〃関節技〃というのは、どうでしょう?




近年の総合格闘技を見なれた観客は


    関節技


というものは、一旦極れば、ほぼ逃げられない、勝敗が決してしまうということを知っています。


出れば一瞬で試合が終わってしまうモノを

30分以上の試合の中で何回も決め、


その都度相手が長いこと耐え続けたり、ロープまで引きずってブレークしたり.........あり得ませんよ!嘘臭い!






そういえば、ジャイアント馬場選手は、関節技ばかりやるレスラーが大嫌いでした。


三沢光晴選手もです。


ファンに嘘や白々しいコトを言うのが大嫌いなふたりだからこその考えだったのかと思います。

頑張れ!石井智宏❗❗

今の新日本プロレス、日本人も外国人もスタイリッシュな選手が多い中、独特な無骨キャラクターの石井智宏選手から、目が離せません!


正に

   〃昭和の香りがする〃


私のお気に入りのレスラーです。


ごちゃごちゃ手間のかかる技を使わないのが良い!


余計なお喋りをしないのが良い!


入場テーマ曲も良い!


昭和の全日本プロレスで言えば、大熊元司選手の様なタイプでしょうか。

大熊選手はメインイベンターではなく、強い外人選手の引き立て役ばかりやっていましたがガチンコは相当強い、という評判でした。

 

そして長州率いるジャパンプロレス軍が全日本に乗り込んで来たとき


「そうはいくかい!」


と、言わんばかりに火の玉の様に突進しての大暴れ!

あの長州をして、


「アイツのヘッドバットは禁じ手だ!」


と、言わしめる大活躍!

我々全日本プロレスファンを



「ああ!やっぱり熊さん強かった!」


「ああ!やっぱり全日本強かった!」



と、大喜びさせてくれた名レスラーでした。


熊さんはメインイベントに立つことはありませんでしたが、石井選手は9月15日広島のメインでケニーオメガとタイトルマッチです。



もう、応援するしかない!


私は体の小さなヘビー級レスラーは、認めたくない考えですが、石井選手は特別です。


なぜなら少しも小さくみえないから。

体いっぱいで技を受け、体いっぱいで技をくりだすファイトスタイル、そしてその醸し出す風格から、


「えっ!?石井って、170センチしかなかったの?!!」


と、家族で驚いたことでした。


ただ、相手は危険な技をくりだすのがウリのケニーオメガなので、技の喰らいっぷりの良い石井選手が怪我をしない事だけは、祈っています。



いけっ!石井智宏❗❗わるい外人レスラーをやっつけろ❗❗❗