喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

どうして来ちゃたの?謎の来日外人レスラー(3)

   前回からの続きです



若くてイキの良い優勝候補チーム相手に

大ハッスルの老勇ラリーヘニング!


そうなってくると

パートナーのハーリー.レイスも黙ってはいません。日頃から、外人エースの座を争っているブロディ組にノリノリで、果敢に攻めこみます。

  「やるじゃねえか、相棒!

      そうこなくっちゃいけねぇ!」


  と、言わんばかりの表情で、息もピッタリで闘います。


 息もピッタリ.........それもそのはず、二人は若い頃 世界タッグチャンピオンにまで上り詰めた、超強力タッグチームだったのです!


その昔

今一つパっとしなかった若い後輩のレイスを気にかけ、チームに誘い、超一流のレスラーになるキッカケを与えてくれたのが、ヘニングでした。 

 昔かたぎのレイスが、その頃の恩を忘れずに、一線から身を引きかけていたヘニングを自身のパートナーに推薦しての、来日だったのです!


  「よう!兄弟!調子はどうだい?!」


「おお!レイスじゃないか?!

 今や大チャンピオンのお前が

 こんな田舎のハウスショーに

 何の用事だ?!」


  「実は、あんたの力を借りたいんだが

   11月と、12月のスケジュールは

   空いてるかい?」


「ふっ、こんな引退間近のロートルレスラー のスケジュールなんざ、クリスマスと息子 のバースディ以外、空いてるに決まってる

 だろう?!」


  「そいつぁ良かった!一緒にジャパンに

   きてもらいたいんだ」


「オールジャパンの世界最強タッグかっ!?

 どでかいツアーじゃないか!!」


  「どうだ!兄弟!昔みたいに 二人で暴れようじゃあねぇか!」


「..........なあ、レイス、バカも休み休み言え

 よ!  あれから何年経ったと思うんだ?

 今の俺のコンディションを見てみろ!

 ジャパンに行っても、せいぜいお前さんの足を引っ張るのが関の山だぜ?」


   「ラリー.......寂しいこと言うなよ......

    まだまだ老け込むにゃ、早いだろ!

    若いヤツらにプロレスとは、なんた

    るかを二人で教えてやろうじゃあね

    えか!」


「ムゥ........しかし....................」



   「ラリー!たのむよ!あんたの力が

    必要なんだ!」


 「ムゥ..............ウ~~~ン...........」


   「あんたも昔は"バイキング"と

    恐れられた男だろう!?」 

   



「ヨシ!分かった!一緒にジャパンにいこうじやないか!只し、結果はどうなっても知らんぞっ!!」

 



   「そうこなくっちゃ!

    それでこそ兄弟だぜ!!」



 「ふ、ふ、ふ、それじゃあジャパンで

  一丁、若いヤツらに"プロレス教室"と

  いくかい!?」





みたいな、やり取りが二人の間であったか、なかったか?


プロレスファンの私の妄想は、膨らみます!



  (次回に続きます)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。