喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

内藤哲也は、なぜ人気があるのか?

内藤哲也の凄いところは、私のような50才を過ぎた"昭和のプロレス好き"が見ても納得がいくところだ。

つじつまが合わない事をしない。


昭和の名レスラー、アントニオ猪木や長州力等は、自分でストーリーを作っていた感が強い。しかし、

今のレスラーたちは、誰かが作った(もしくはみんなで考えた)ストーリーを演じている感じがするのです。



その中で

唯一、内藤哲也だけは自分からストーリーを発信しているように見えるのです。



棚橋主演の映画、

「パパはわるものチャンピオン」

は、最高の映画でしたが、敵対しているレスラー、棚橋選手とオカダカズチカ選手が同じ撮影現場で映画用の試合を

「はい、カーット」と、やっている.........となると、私のような頭の硬い昭和のファンは少しシックリこない。


「内藤哲也は、この映画にどう関わるのか?!」と、興味深く見ていると、


高橋ヒロムと一緒に飲食店に入ってきて

「トランキーロ!」と一言叫ぶだけ、10秒ほどの出演でした。


私は〃さすが内藤!〃

と、感心しました!ほとんど関わってないのです。



ヨシハシをプッシュしようと、下らないストーリーを作り、挙げ句、みんなが大恥をかいた事件にも、まったく関わっていない!



会社の方針にも、悪いモノは悪い!と言う!



本当に知能指数の高いレスラーだと思います。


やはり一味違う!



本当の〃カリスマ.レスラー〃だ!!



すべての層に人気があるのも

うなずけます!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。