喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

ジャイアント馬場は、強かった?(2)

(前回からの続きです)



さて、そんなモンスター馬場選手も

三十代後半~四十代になってくると、スピードや柔軟性、パワーなどが失われてきます。


しかし、その体の大きさと、益々研ぎ澄まされたインサイド・ワークで、まだまだトップレスラーの位置をキープし続けます。


(三回目のNWA王座奪取、ハンセンとの初対決、等の時期です)



そして、とうとう五十才~最期の試合まで......


この頃になると、正直、一度寝てしまうと

立ち上がるのも辛そうで、キツイ技を食らうとアップアップで、見ているこっちもハラハラの連続。


 しかし!


もう、強い弱いを通り越して

ただ、リングに出てきてくれるだけで良い。


なんなら売店に座って居てくれるだけで良い

と、まるで


「高座に上がって、昨日あった出来事を話してくれるだけで良い」


と、依頼される

〃落語の大名人〃のような存在!


ファンもまた、良く分かっていました。

みんなが温かい目で見守り、


「また出てくれよ!」


「いつまでもやってくれよ」と


まさに存在自体がお金を払ってでも見たい


〃プロレスの神様〃


の域に達していました。


(続きます)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。