喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

レスラーは消耗品?

前回の話でも触れましたが

新日本プロレスの高橋ヒロム選手の首の怪我が本当に心配です。


現在、ヒロム選手自身のコメントや写真が公開されてないのが怖くてたまりません。


FMWのハヤブサ選手のようになっているのではないか?と、最悪のケースも頭によぎってしまいます。



「ねえ!ヒロムどうなってる?!」



うちの奥さんが1日1回かならず聞いてきます。ネットで探してみると、あるブログの記事にヒロムの近況が書かれていたので

「ほら、これに少し載ってるよ」

と、見せたところ奥さんが怒りだしました。


どうやら


(ヒロムは、ここは焦らず回復するまでは無理せず欠場して、ジュニアのタイトルは

返上するべき。

そして新たにトーナメントなどで新王者を決めるシリーズを開催しては?)



と、いう部分の記事を読んで腹をたてたようです。




「そしたらヒロムはどうなるの!あんなに頑張ってチャンピオンになったのに!可愛そう!!」




私は〃ドキッ!〃としました。自分もこの記事と同じ考えだったからです。


この記事を書いた人も、ヒロムの事を思っての意見だと思います。


会社的にもチャンプ不在では都合が悪いし、ファンとしても、新たなジュニア戦士たちの名勝負をたくさん見られる可能性があり、楽しみが増える事でもあります。

 

(これはまあ、こういう流れに成るわなあ~)と、

私も考えていたのです。しかし、奥さんは女性特有の感覚で


「ヒドイ!冷たい!」


と感じたのでしょう。

そこには会社の興行的な都合などは全く考慮されていません。しかし


(チャンピオンが怪我した、はいっ次!)


みたいに他の選手で次々穴を埋めていく・・・・・それではまるで選手が会社の消耗品のようではないのか?


ヒロム選手やその家族の気持ちはどうなる?



当たり前に

「次のチャンピオン決めんとなあ~」

などと考える私たちプロレスファンのほうがおかしいのではないのか?


そう思うと、私は奥さんに返す言葉がみつかりませんでした。

  (続きます)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。