喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

YouTubeの中のジャイアント馬場

私が、プロレスファンになりたてのころ(40 年以上前!)まだ家庭用ビデオデッキは本格的に普及していませんでした。なので私はジャイアント馬場やアントニオ猪木の試合を、テレビに近づけたラジカセで録音し、夜、枕元で聴きながら頭の中で映像を思い浮かべるという、貧乏臭い楽しみかたをしていました。

(ある意味今よりたのしかったかも)


そのうちVHS ビデオデッキが出回りだし、わが家も購入。(安くても15 万円ほどもした)

それからは、バンバン録画し始めたのですが、何せビデオテープが高価だったのには参りました。

  (120 分テープで2000 円、160分テープで3500円位した!)

  もう、毎月のおこずかいはコレに消えていきます。

地元の高知県で放送された、プロレスというプロレスは、たまに放送される女子プロレスまで、すべて録画していましたが、三年ほど前の台風による水害で、実家もろともダメになりました。😥  


もう、死のう、とも思いましたが、(うそ)

奥さんのスマホを借りて見た、YouTubeにビックリしました!

 

 「青春時代のプロレスが、何でも見られる!しかも、無料で!!」


 「それどころか、テレビ未放送の幻の試合までみられる!!」


くそー!こんな時代が来ると知っていたら、子供の頃こずかいでテープなんか買わず、ラジコンとかプラモ買っときゃ良かったー!!


  (続きます)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。