喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

ジャイアント馬場の大ケガ

前回、前々回と怪我の話が続きましたが

私の大好きなジャイアント馬場選手も長期欠場となる大怪我を試合で負ったことが1回だけあります。


1990年の世界最強タッグ

アンドレ・ザ・ジャイアントと組んでのファンクスとの公式戦で

ドリー・ファンクと縺れ合い

場外に転落したさい、太ももを骨折してしまったのです。



アンドレとの夢のタッグを結成し、連戦連勝



「これは久しぶりの優勝のチャンス!」



と、胸を踊らせていた子供の頃の私の目の前は真っ暗になりました。



「くそー!ドリー!何て事しやがる!!」



ドリーの事も大好きだった私でしたが、この事だけは許せませんでした。


何せ馬場選手は世界最強タッグ優勝がパーになったどころか、三ヶ月の入院、復帰まで183日、しかも復帰してからも、以前の様な動きはできなくなりました。


すっかり"ドリー嫌い"になった私でしたが

ある日ドリーのインタビューを目にすることがありました。

馬場選手の怪我についての質問をうけ



「あの怪我は私のせいではない。私の攻撃パターンの中に、あのムーブがあることは馬場は十分知っていたハズ。あれは馬場のミステイクだ」


と語っていました。


ううっ!確かにロープ際で相手の首を抱え込み、最上段にお尻で飛び乗り回転して二人もろとも場外に転落する攻撃は、ドリーの得意な動きのひとつだった!


ドリーにしてみれば、自分は特別危険な技を仕掛けたわけではない、技を受け損なった馬場の方に非がある、ということでしょう。


これには私も「なるほど!」と納得し、プロとは、こういうものかと感心さえもしてしまいました。


 これが、いわゆる


 "プロは怪我をする方も悪い" 


という状況なのでしょう。


現在のプロレスの

無謀な危険技を掛け合った挙げ句の果ての大怪我とは、意味合いが全くちがいます。



もちろん馬場選手もドリーを非難するようなことは一度もありませんでした。

レスラーは消耗品?(2)

(前回からの続き)

そもそも、レスラーが怪我をしたとき

記事やコラム等で

「しっかり怪我を治してから・・・」とか


「焦らずに完治してからの復帰を・・・」


などという意見が出ますが、人間の体は消耗していくものなので、なんでもかんでも元通りに治るとは、限りません。


マンガや映画の主人公ならば

大怪我をしても包帯を巻いてベットで寝ていれば、すぐに治って次の回には出てくるし、いくら顔面を殴られても歯は折れません。


しかし現実には大怪我をすれば、ヒドイ後遺症が出る場合があるし、顔を殴り続けられれば大切な永久歯を失ってしまいます。

ある格闘家が言っていました


「怪我に完治は無い」

のだと。


何か、長い欠場の後

レスラーが復帰してくるとファンは安心して


 「ああー良かった」

 「これから取り返そうぜ!」


と、(これにて一件落着)みたいになるけれどレスラー本人は後遺症で頭痛がヒドイ、体が上手く動かず前の様なファイトが出来ない

などと、一生悩んでいくのかもしれません。


高橋ヒロム選手は、最近のプロレスラーの中では一番と言って良い位 

"プロレス愛" 

を感じさせる選手でした。

センスも抜群、

しかもまだ二十代の若者です。


神よ!

もしもプロレスの神様がいるのなら

どうか、どうか、彼の体を元通りにしてあげてください!


そして事故、怪我、欠場当たり前の現在のプロレス団体が

1日も早く考えを改めてくれますように。

レスラーは消耗品?

前回の話でも触れましたが

新日本プロレスの高橋ヒロム選手の首の怪我が本当に心配です。


現在、ヒロム選手自身のコメントや写真が公開されてないのが怖くてたまりません。


FMWのハヤブサ選手のようになっているのではないか?と、最悪のケースも頭によぎってしまいます。



「ねえ!ヒロムどうなってる?!」



うちの奥さんが1日1回かならず聞いてきます。ネットで探してみると、あるブログの記事にヒロムの近況が書かれていたので

「ほら、これに少し載ってるよ」

と、見せたところ奥さんが怒りだしました。


どうやら


(ヒロムは、ここは焦らず回復するまでは無理せず欠場して、ジュニアのタイトルは

返上するべき。

そして新たにトーナメントなどで新王者を決めるシリーズを開催しては?)



と、いう部分の記事を読んで腹をたてたようです。




「そしたらヒロムはどうなるの!あんなに頑張ってチャンピオンになったのに!可愛そう!!」




私は〃ドキッ!〃としました。自分もこの記事と同じ考えだったからです。


この記事を書いた人も、ヒロムの事を思っての意見だと思います。


会社的にもチャンプ不在では都合が悪いし、ファンとしても、新たなジュニア戦士たちの名勝負をたくさん見られる可能性があり、楽しみが増える事でもあります。

 

(これはまあ、こういう流れに成るわなあ~)と、

私も考えていたのです。しかし、奥さんは女性特有の感覚で


「ヒドイ!冷たい!」


と感じたのでしょう。

そこには会社の興行的な都合などは全く考慮されていません。しかし


(チャンピオンが怪我した、はいっ次!)


みたいに他の選手で次々穴を埋めていく・・・・・それではまるで選手が会社の消耗品のようではないのか?


ヒロム選手やその家族の気持ちはどうなる?



当たり前に

「次のチャンピオン決めんとなあ~」

などと考える私たちプロレスファンのほうがおかしいのではないのか?


そう思うと、私は奥さんに返す言葉がみつかりませんでした。

  (続きます)