喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

ジャイアント馬場は、強かった?(3)

(前回からの続きです)




リングに上がってくれるだけで良い

試合の勝ち負けなど、どうでも良いから無理だけはしないでほしいと、ファンから温かく見守られていた馬場選手でしたが、


しかし、そんな晩年にも一年に1~2回、若いメインイベンター達との大一番では、観客、対戦相手を


「あっ!!」


と驚かすスピード、パワーを出してきて


「なんだ!まだまだやれるじゃないか!!」


と、私達ファンを大喜びさせるのです。


(まさに馬場ファンにとって、年二回のボーナスです)



さあ、こうして時代時代で考えてみても、馬場選手が偉大なプロレスラーだったことは間違いありません。

強いか弱いかの答えは


〃全盛期は最強に近かった。そして、衰えてからも、どんな相手とも試合を成立させる実力をキープしていた〃


と、いうところでしょうか。


また、昨今はミスター高橋レフェリーの暴露本などで、プロレスの仕組みが解き明かされています。

なのでプロレスが強い、弱いと言う議論も

あまり意味の無い事になりつつあり、それよりも"上手いか下手か"のほうが、重要視されています。


暴露本の著者であるミスター高橋さんは、


「他団体ながら、馬場さんは本当にプロレスが上手かった!一度で良いから馬場さんの試合を裁いてみたかった、それだけが心残りだ」


というようなことを著書に綴っています。


なんの利害関係もない他団体の、今は引退したレフェリー兼ブッカーの高橋さんのこの話が、すべての答えのような気がします。

ジャイアント馬場は、強かった?(2)

(前回からの続きです)



さて、そんなモンスター馬場選手も

三十代後半~四十代になってくると、スピードや柔軟性、パワーなどが失われてきます。


しかし、その体の大きさと、益々研ぎ澄まされたインサイド・ワークで、まだまだトップレスラーの位置をキープし続けます。


(三回目のNWA王座奪取、ハンセンとの初対決、等の時期です)



そして、とうとう五十才~最期の試合まで......


この頃になると、正直、一度寝てしまうと

立ち上がるのも辛そうで、キツイ技を食らうとアップアップで、見ているこっちもハラハラの連続。


 しかし!


もう、強い弱いを通り越して

ただ、リングに出てきてくれるだけで良い。


なんなら売店に座って居てくれるだけで良い

と、まるで


「高座に上がって、昨日あった出来事を話してくれるだけで良い」


と、依頼される

〃落語の大名人〃のような存在!


ファンもまた、良く分かっていました。

みんなが温かい目で見守り、


「また出てくれよ!」


「いつまでもやってくれよ」と


まさに存在自体がお金を払ってでも見たい


〃プロレスの神様〃


の域に達していました。


(続きます)

ジャイアント馬場は、強かった?

ジャイアント馬場は本当は強かったのか、弱かったのか?


これは、プロレスファンにとって

"永遠の謎" なのですが、実際のところどうなのでしょう?


ネット上の意見も、強い、弱いが半々の真っ二つです。


しかし、レスラーの強さといっても、時期や場合によって評価がコロコロ変わるモノなので「これ!」と一概には言えません。



例えば パチンコ店 でも、良い時期に良い台に座り、運が良ければ大勝ちして


「あの店メッチャ出る!良い店だ!」となりますが


回収時期に悪い台に座り、運も悪ければ


大負けして「あの店はクソだ!」

と、同じ店なのに人によって評価が正反対になります。


なのでジャイアント馬場選手の強さも、いろんな角度から見ていかなくてはなりません。


まず、〃全盛期〃ですが、二十代後半~三十代前半位でしょうか?


ここら辺はもう、間違いなく強い、世界のレスラーベスト5には入ると思います。


今のレスラーで言えば

オカダカズチカ選手に、身長を20 センチ、体重を40 キログラム足してあげたような化け物 になるでしょう。


「いや、オカダカズチカの身体能力は、驚異的だ!馬場の方はどうなんだ?」


と言うオカダファンもいるでしょうが、

これは馬場選手の方が上でしょう。


あの体で卓球、水泳など、スポーツ万能。さらにプロ野球で巨人軍にまで入団している正に〃規格外〃のアスリートなのですから。


その上 〃プロレス頭脳〃

    〃シュートテクニック〃等も

数段上の、まさに


   希代のモンスターレスラー


だった、と言えると思います。


 (続きます)