喫茶店のマスターのプロレス昔ばなし。

50歳を越えた「マニア」まではいかないプロレスファン(特に馬場全日本)の気楽な昔ばなし。話し相手募集中です。

カフェやろうぜ!!!

 「カフェやろうぜ!!!」


X-Japanのトシさんが、ある番組で叫んでいました。

最近バラエティーにドンドン露出して、スウィーツ好きで評判になっています。


今のところ局内にセットを組んで毎回ゲストを呼んでトシさん自らおもてなしをしていますが、近いうちに本当のカフェを作って経営するそうな。

その話しを聞いて


 「ナニ!?本当か!?」

 「またテレビが面白半分に!!😠」


とも思いましたが

どうやらトシさんは、至って大真面目、本気のようです。


時を同じくして、私のところにも数人の知人から、「喫茶店をやってみたいのだけど・・・・」との相談を受ける事がありました。


・・・流行っているのかな?

       カフェ経営?・・・・



ここはひとつ、私も15年「カフェレスト」を営んでいる者として "カフェ経営" についての事を 

「プロレスの話」を一旦置いておいて考えていこうかと思います。


まず、トシさんのテレビ企画「トシカフェ」は、大変、夢があって面白い!

大賛成です。


なんといってもトシさんの情熱が半端ないです!彼のコンセプトは、

「お客さん一人一人を大切にし、感動を与えたい」

「自分は辛いときスウィーツに救われたので、同じように人々を自分のカフェで癒してあげたい」と、いうものです。


素晴らしい!!!

テレビの企画抜きで本気の感情がトシさんから伝わって来ます。


実際、今現在のセットの企画でも、ゲスト一人一人の好み、思い出、現在の立場などをトシさん自らリサーチして、メニューを決め、心に響く歌のサービスで締めくくり、ゲストの人たちの感動の涙を誘っています。


「そんなきれいごとやってたら、カフェ経営なんぞ成り立たん!」

というカフェ業界の人もいるでしょう。

しかし、こういう気持ちを持ち続け、サービスを心がけることは大切な事だと思います。


(カフェ経営の話続きます)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。